流量計からベルトコンベアーまで~技術革新の進む精密機械の世界~

案内

地震情報を早く取得

作業員

緊急地震速報機は地震を通知してくれる機械です。この機械があると、地震がくることを早く知ることができるので、慌てずに避難をすることが出来ます。機械を使えばテレビやラジオよりも早く地震情報を知ることが出来ます。

» 詳細へ

様々なシステムとの連携

作業員

緊急地震速報受信機では、地震計が内蔵されているタイプもあるのでより速く、警告を出すことができます。気象庁の緊急地震速報も受け取ることが可能です。エレベーターや放送設備と併せて使うことでより効果を発揮します。

» 詳細へ

個人購入も出来ます

作業員

早期の対応と避難は、地震から人命を多く救うためには重要です。地震をいち早く知ることの出来る緊急地震速報受信機は一般利用者でも購入することが出来ます。最近では会社に備えている一般企業も増えています。

» 詳細へ

技術の進歩

クレーンの点検はプロに依頼するのがベストです!専門知識や技術を持っているので、修理も一緒にお願い出来ますよ。

今後の計測機器の動向としては、多種の計測を実現できる復号機種が増えると予想されます。

作業員

従来のspectrum analyzerは、アナログ信号処理方式を用いた非常に複雑で高度な技術を要した計測機器でした。一般に、アナログ電気回路はその動作は基板に搭載している電子部品や部品の配置等によって大きく変化します。そのため、計測機器をアナログ回路によって実現するには非常に高度な技術が必要でした。その後、デジタル信号処理技術の発達と、半導体設計製造技術の革新によって、spectrum analyzerの周波数分析についても、デジタル信号処理をもちいた数値演算によって比較的容易に実現する事ができるようになりました。spectrum analyzerでは、測定の目的が測定信号にどの程度の周期信号成分が含まれているか、あるいは雑信号の有無や割合等を観測するのが目的です。そのため、現在の機能で目的は殆ど達成できています。今後の製品動向としては、オシロスコープのような電圧観測機能や、ロジックアナライザなどのような電子回路の電流状況の観測機能を兼ね備えた製品が、安価に登場する事が予測されます。

spectrum analyzerなどを利用する場合、計測作業の基本知識を有しておく事は必須です。

spectrum analyzerと被計測物との間には、基準電圧を共通にするという測定上の鉄則があります。これは、万一基準電圧に総体的な差分が生じた場合、最悪逆電流が生じることで、電気回路や計測機器にダメージを与えることになります。最悪の場合には、電子回路の部品を破壊したり、発熱、発火へとつながります。最も危険なのは、電子回路部品において爆発等を生じるような状態になってしまうことです。これは、特に大型のコンデンサなどを利用しているベルコンベアーなどの電源機器等で考えられるトラブルです。いずれも、計測機器や流量計の基本的な知識を有する事によって、回避する事は勿論、防止や対策をこうじることもできます。周波数特性の測定は一見非常に簡単な作業ではありますが、前述のように非常に危険な状態を誘発する場合があることを念頭に、常に危険性に配慮しながら丁寧に作業を進める事が大切です。

業務用軟水器を安く設置出来ると人気なのがこちらです。美味しい水を気軽に導入出来るので、サービスの質も向上しますよ。